得意分野がないから大学名にこだわる

興味ある分野へ進もう、
将来の目標に関連した学部へ行こう、

なんてね。

高校生の段階で将来の目標やなりたい職業を決めている人なんていません。
というか、決めきれない。

ということで、志望校をどうしたらいいかを迷っている高校生が多い。

と、ここで提案です。

学部なんて詳しく考えなくても良い。
やりたいことが漠然としているならそれでよい。

行きたい大学がないなら、住みたい都道府県でも良い。

目標がないなら、一流大学を目指そう!

ある程度の人が大学でも目標を変え、将来の職業を選んでいます。
医学部の方は全員医者になっているかと言えばそんなことはなく、法学部は?よくわかりませんね。

18歳ですべてを知ることはできない。

だから、有名大学、名前にこだわってみたらどうでしょう?

行く大学がないから、自分の住む県の国立大学へ行く、いいことです。
慶応って響きがいいし、企業にも印象がいいから、僕は慶応へ行く。

これでいいのです。

やりたい仕事を決めてないなら、一流大学を目指して、今は受験勉強をしてみませんか?
絶対に後悔はないはず。

やりたい仕事がない ⇒ 大学へ行っても無意味
⇒ 勉強にヤル気がでない ⇒ 大学受験失敗 ⇒ 就職

なんて無意味な失敗です。
もっと挑戦しましょう。

あなたの未来は選択自由。

選択の幅を広げるには大学名もブランドを持っておくことを進めます。

やってはいけない志望校選び
やりたい仕事がないから、勉強が無意味に感じてやる気がなくなること
行ける大学を志望校にしてしまうこと