魚釣りをする方法と同じ

スポンサードリンク

これから、釣りをする方法を教えます。

え?
( ゜Д゜;)!?
( ゜Д゜;)!?
( ゜Д゜;)!?

またおかしな話?

いつになったら、高校数学の勉強法がでてくるのかって?

それでは、釣りをする方法を聞いてからね。

だって、釣りも大切だもの。

 

何度も言いますが、私はこれから高校数学の勉強法を教えます。

そこで・・・

魚を釣る方法

魚を受け取ること

の違いはわかりますか?

大丈夫、数学の話は続いていますよ。

あなたは数学の勉強法を学び、数学の試験で素晴らしい得点をゲットしたいはず。

私が、あなたに与えたいと思っている事は、魚ではありません。

あなたが本当に欲しいのは、釣りをする方法、何度やっても魚が釣れてしまう必勝法のはず。

あなたに魚を与えません。

魚を釣る方法を教えます。

わかりますか?

魚を与えられること

釣りの方法を与えられること

の違いです。

魚(実益)一匹を何もせずして貰っても、その場はいいが、後々になって後悔する。
釣りの方法(実益を自分で得る方法)を知れば、後々自分だけでバンバン魚(実益)を得ることができる。

数学の問題の答えを解説することは、簡単にできます。

問題集を持ってきて、例題を使い、解法をホームページ上に書く。
答えを教える、ってことはできます。
簡単です。

ただ、私が本当に伝えたいことは、

どんな数学の問題にも対応できる対処法です。
そして、数学に留まらず、他の受験教科にも応用できる勉強を伝えたいのです。

魚をもらうのではなく、釣り続けること

無人島であなたが居て、お腹が減った…
魚をもらうのと、魚は貰えないけど釣りの方法を知るのをどっちが良いですか?

参考書やテストの回答を見る、カンニングするということは、魚を受け取るだけの方法です。

魚釣りをする方法を覚えるのは、その場では空腹で、死にそうになりますが、
いつの日か釣りの方法をマスターし、釣り続けることができるということです。

あなたは無人島に行っても魚を釣り続けることができるのです。

魚ばかり受け取っていては、絶対に無人島では魚は釣ることができません。

魚を受け取ることは、簡単です。

しかし、魚を釣る方法を得るには、苦労が必要です。

時間が必要です。

ただ、マスターすれば、一生、魚を獲ることに困ることはありません。

飢え死にはありません。

それだけは理解して下さい。

あなたは大学受験という無人島に向かいます。

試験会場では、誰も助けてはくれません。

一人で何日も暮らしていくには、魚を釣る方法をマスターする以外に方法はないのです。

スポンサードリンク

師匠を見て、真似るしかない!

たとえば、ある釣り名人が声を出せない病気で、会話をすることができませんでした。

話せません。

魚の釣り方を教えてくれません。

あなたはどうしますか?

話せない魚釣りの師匠は何も言いません。
でも、ガンガン魚を釣っていきます。

来る日も来る日も、無人島で、空腹のあなたの目の前で魚をバンバン釣っていきます。

さあ、どうしますか?

簡単です。

ね?

真似るのです!
(;¨)(;・・)(¨;)(・・;) ウンウン
(;¨)(;・・)(¨;)(・・;) ウンウン
(;¨)(;・・)(¨;)(・・;) ウンウン

見て真似るのです。

弟子は師匠を真似て、技を覚えていくことがふつうなのです。

師匠をみて、芸を覚えていくことは古くなりました。

その代わりに話をしてくれる学校ができました。

あなたには、話してくれる塾や家庭教師があるかもしれません。

でも、塾に行っても、授業を受けても、数学の偏差値が伸びていなかったら・・・

残された道は、頑固な師匠を真似るしかないのです。

師匠?

そうです、あなたの師匠を真似ていくしか方法はないのです。

これが数学偏差値アップへのヒントです。

スポンサードリンク

コメントを残す




CAPTCHA